肝臓病の治療にプラスしたいツボ押し!

肝臓病の治療にプラスしたいツボ押し!

脂肪肝やアルコール性肝炎、ウイルス性肝炎など、様々な肝臓の病気があります。
肝臓の病気だとお医者さんに言われていない人でも、肝臓の機能が弱っていることも珍しくないので、気をつけたいところですね。
特にお酒をよく飲む人は要注意です。
肝臓の病気にかかると、薬を飲んで改善を図ったり、低カロリーかつ高たんぱくな食事などをして肝臓を回復させます。
これらの利用法と一緒に実行したいのが、ツボ治療です。
肝臓とツボに何の関係があるのかピンとこないかと思いますが、症状を和らげたり改善をサポートできます。
ただ、ツボ治療を受けているからといって薬を飲まず、食生活も改善しなくていいわけではありません。
あくまでもそれらのサポートする役割として考えて下さい。
肝臓の病気にかかると、体が怠くなったり、食欲がなくなるので、ツボを刺激して免疫力をアップさせ、症状を和らげていきます。
太衝というツボは肝臓機能が落ちている時に有効です。
足の甲にある人差し指と親指の骨を足首へと辿っていくと、交わる部分がありますが、ここに太衝です。
血液の循環をスムーズにすることができるツボなので、直接肝臓に作用しませんが、血液の流れを促進させることで、肝臓の機能を高められます。
7秒間指圧するのを3分繰り返すといいでしょう。

メニュー