肝臓が喜ぶ食材とは

肝臓が喜ぶ食材とは

肝臓の疾患は自覚症状が現れた時には、手の施しようがないレベルにまで悪化している可能性があります。
その為、沈黙の臓器や泣かずの臓器とも呼ばれており、生命維持に必要なたくさんの役割がありながらも、異常の発見が遅れやすいという特徴があります。
肝臓は体内に取り込まれた栄養をエネルギーに変換したり、体にとって毒であるアンモニアを尿にして体の外に排出したり、血糖値をコントロールしたりなど、実に様々な役割を担っています。
中でも毒を分解する作用が重要であり、アルコールや糖分、脂肪分などを過剰に摂取すると肝臓の解毒作用が追いつかなくなり、負担をかけることになります。
そのことに気がつかずに肝臓に負担をかけ続けているとどうなるか、安易に想像できるかと思います。
肝臓の健康を考えたら、肝臓に負担をかけない食生活を心掛けたいものです。
オススメの食材はシジミやウコンです。
シジミは肝臓の希望をアップさせる作用があるビタミンB12をたっぷり含んでいますし、味噌汁にして食べれると、お汁に流れた栄養を無駄にすることなく摂取できます。
海藻類や魚介類も肝臓に良いのですが、シジミと比べて勝るものはありません。
これらを積極的に取り入れて、肝臓の機能をサポートしていきましょう。

メニュー