肝臓周辺が痛い!何が原因?

肝臓周辺が痛い!何が原因?

肝臓あたりが痛む原因は、様々なケースが考えられます。
肝臓は沈黙の臓器という異名があり、病気が進行し、悪化して初めて症状が現れると言われています。
肝臓の異常は気づかずそのままにしていると、重大な疾患を招きかねませんし、合併症のリスクが高まります。
なので肝臓の異常は早期に発見したいところですが、先程も述べたように初期に痛みなどの自覚症状が現れないので、大変厄介です。
なぜ肝臓は異変が起きても症状が現れないのかというと、肝臓そのものに痛覚がない為です。
しかし、たまに肝臓あたりが痛くなることがありますが、これは肝臓の近くにある臓器に異常がある場合が多いです。
最悪の場合はがんが転移し、痛みが発生していることも考えられます。
肝臓の疾患に肝硬変がありますが、痛みよりも前に黄疸などの自覚症状が現れるので、肝臓でなく肝臓の近くの臓器に異常があると考えたほうが自然です。
どのケースにしても痛みがある場合は重大な疾患にかかっている恐れがあるので、病院にかかって診断と検査を受けたほうがいいでしょう。
原因がわからないことには対処できませんし、放置するのは危険です。
異常が発生したらすぐに診断を受け、原因を追求しましょう。

メニュー