肝臓とアルコールの関係

肝臓とアルコールの関係

アルコールを過剰に摂取すると肝臓に負担がかかることは広く知られていますが、アルコールは肝臓以外の臓器にもダメージを与えることも知っておかなくてはいけません。
中でも肝臓は一番アルコールの影響を受けやすく、沈黙の臓器とも言われているほど、疾患に気づきにくいです。
痛みなどの自覚症状がない為、発覚した時にはすでに手遅れになっていることもあります。
アルコールを摂り過ぎた翌朝に二日酔いになった経験がある人もいるかと思いますが、これは肝臓の分解が追いつかないほどのアルコールが摂取された為、肝臓内にアルコールが残っている状態です。
肝臓はアルコールを解毒して体外に排出する役割があるので、アルコールの過剰摂取は肝臓に多大な負担を強いることになります。
肝臓には様々な働きがあり、アルコールや体にとって有害なものを分解するだけでなく、アンモニアを尿にして体外に排出するなど、こうしている間にも休みなく働き続けています。
栄養素をエネルギーとして生成するのも肝臓の仕事なので、重要な役割を担っていることがわかります。
もし肝臓の機能が低下してしまうと、体内の毒素が排出されず、重大な病気を引き起こすことになるので、肝臓を健康な状態に保つことが大切です。

メニュー