肝臓にコーヒーは毒?それとも薬になる?

肝臓にコーヒーは毒?それとも薬になる?

昔、大人に「コーヒーは子どもが飲むものじゃない」と言われたことはありませんか。
体に良い影響を与えないとして、特に子どもには飲ませない人が多いですよね。
ですが、近年ではコーヒーが体に良くないというイメージが薄れつつあります。
むしろ体にとって良いとも言われているのです。
コーヒーの成分に注目してみると、よく知られているカフェインの他に、タンニン、クロロゲン酸、ナイアシン、たんぱく質、粗繊維、油分、ポリフェノール、トリゴネリンなどの薬効成分が豊富に含まれています。
にも関わらず体に良くないと言われてきたのは、カフェインには発がん性や興奮させたり、胃にダメージを与える作用がある為です。
しかし、当然ですが、コーヒーを少しでも飲んだだけでがんになるわけではありません。
飲みすぎは勿論体に良くありませんが、適切な量ならばカフェインは体にとって嬉しい作用をもたらしてくれます。
利尿・強心作用、集中力と思考力アップ、消化や血流を促進させたり、二日酔いの改善にも効果があります。
さらに、コレステロールを抑えたり、抗活性酵素の作用もあることが確認されています。
近年では研究が進み、カフェインが必ずしも有害なものではないことが判明しています。
肝臓にとっても嬉しい存在で、抗活性酵素作用によって肝臓がんなどを予防できることがわかっています。

メニュー